中洲のセクキャバは言うならば居酒屋感覚で遊びに行ける男の娯楽

セクキャバ

記事一覧

2017年06月19日
中洲のセクキャバと観光を更新しました。
2017年06月19日
中洲のセクキャバを利用するメリットとは?を更新しました。
2017年06月19日
中洲のセクキャバを利用する客層とは?を更新しました。
2017年06月19日
2軒目に利用しやすい中洲のセクキャバを更新しました。

中洲のセクキャバとはどんな所か?

メガネをかけた女性

新宿や札幌・すすきの、難波や日本橋など全国には有名な風俗街がありますが、個人的に羨ましく感じるのは福岡市や中洲となります。それは風俗ジャンルが東京と同等に豊富なのと、何と言ってもセクキャバが大変人気あるからです。他地方の人なら、低料金の風俗というと、ピンサロやヘルスなどの時間が最も短いコースを想像するでしょう。しかし、九州人や中洲などで遊んでいる人なら、セクキャバになります。夜遊びの基本であり、これがあるから日々の仕事を頑張れて、週末にストレス発散が出来るのです。
セクキャバとは、お酒を飲みつつ同席する女性から、ちょっとしたサービスを受けられる店です。キャバクラより過激でセクシー、しかしヘルスほどのサービスは当然ありません。だから、料金も30分3千円程度からとリーズナブルになっています。このあたりもピンサロに近いですが、決定的な違いとしてはセクキャバには美人・可愛い子が本当に多いです。
理由として、女性もキャバクラほどルールが厳しくなくノルマや罰金もなく、サービスも本格風俗ではないので楽という事があるでしょう。だから、男女双方の思いが一致している素晴らしいサービスなのです。もっと端的に言うなら、居酒屋感覚で遊びに行ける男の娯楽です。中洲には、20軒ほどのセクキャバがあるとされているので、お気に入りの店が数軒あると人生はバラ色になりますね。

中洲のセクキャバを楽しむ

中洲は福岡の歓楽街で大変にぎわっています。西日本トップレベルの歓楽街だけあって大変楽しめます。特に中洲のセクキャバはとても人気があります。私はセクキャバというシステムを初めて知って、ぜひ行ってみたいと思いました。
キャバクラのように綺麗なお姉さんに相手してもらってお酒が飲めるうえに、エッチな事ができるなんて最高だと思いました。料金面が不安でしたが、時間制で完全明朗会計だったので安心しました。お店の中は華やかで高級感がありました。お姉さんたちは二十歳から二十八歳ぐらいに見えました。二十歳くらいの女の子は初々しくて可愛いく、二十八歳くらいのお姉さんは色っぽかったです。
お客さんはサラリーマンが多くて、中には大学生ぐらいの人もいて、そんな時代になったのかと感慨深いものがありました。お姉さんたちの服装はキャバ嬢ファッションが多かったです。中にはセクシーランジェリーのお姉さんがいて、相手してもらっているお客さんがうらやましかったです。私にまたがってくれたお姉さんは、オッパイにエッチな事がしやすいように前開きのファッションで、私の好き勝手にできて充分に堪能できました。中洲のセクキャバは最高だと思いました。

中洲のセクキャバで好かれるお客さんとは?

中洲で最近増えているのがセクキャバです。そんな中洲のセクキャバで好かれるタイプのお客とはいったいどのようなタイプなのでしょうか。今日はそのいくつかのポイントを記したいと思います。
まず、最初のタイプはキャバクラの感覚で遊んでくれるお客さんです。セクキャバとなると男性の本能丸出しでしつこく触ってくるお客さんが多いのですが、そうしたお客さんは基本嫌われます。いくらお触りOKだからといってそれは駄目なのです。逆に、セクキャバでもキャバクラのように会話を楽しんだりというのがメインでお酒を飲んでくれるお客さんは好かれます。
さて、次に好かれるタイプのお客さんは内気なお客さんです。内気なお客さんはなぜ好かれるのでしょうか。それは内気ゆえにガツガツこないからです。むしろ、キャストのほうで会話の主導権をリードすることができます。また、触る前もきちんと確認してくれたりするので、接客が楽になります。
最後に中洲のセクキャバで好かれるお客さんはもちろん定期的に通ってくれるタイプの人です。セクキャバもキャバクラと同じで指名されるとその分給料に反映されますので、指名を受けることはキャストにとってうれしいものなのです。それで自分のために通ってくれるというお客さんは好かれます。

TOP